頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

スライスしにくい中古ドライバーランキング(当ブログのオススメ)


以前この記事でもお話ししましたが、スライスを治したいならまずスライスしにくいドライバーに買い換えることを強くオススメします。

www.zunoutekigolf.com

なぜなら、つかまりの悪いドライバーでスライスを打たないようにスイングしていると、逆にスライスしやすいスイングが身についてしまうことがあるからです

スライスしにくいドライバーはゴルフパートナーなどの中古市場で5,000円〜20,000円くらいの価格帯でいくらでも見つかりますスライサーを卒業する為の必要経費として最低限これくらいのお金は投資すべきだと思います。

初心者がいきなり数万円もするニューモデルのドライバーを買う必要はありません。そういうドライバーに憧れる気持ちはわかりますが、それがスライサーから卒業する為に必要なドライバーとは限らないからです。

憧れのドライバーはあなたがスライサーを卒業したら使えばいいのです。まずはスライスしにくいドライバーを使ってせっせと練習を積み、スライスしないスイングを身につけることが先決です。

ということで前置きが長くなりましたが、今回は中古市場に出回っているドライバーの中で僕が個人的にオススメするスライスしにくいドライバーをランキング形式でご紹介していきたいと思います。



 スライスしにくいドライバーの条件

 
スライスしにくいドライバー=ボールのつかまりが良いドライバーフェースが返りやすいドライバーです。数値で表すと以下のような条件を満たすドライバーであると言えます。

スライスしにくい「つかまりの良いドライバー」の条件

①FT値           : 1.0以上
②重心距離が短い : 35mm以下
③重心角度が大きい : 25°以上
④重心深度が深め 
⑤フックフェース : +2°以上 
⑥ロフト角が大きい


 この中でも特に重要な数値は①のFT値と②の重心距離、③の重心角度です。FT値についてはこちらの記事をご覧ください。

www.zunoutekigolf.com



今回のランキングは大手ゴルフクラブメーカー14社で2011年〜2017年に発売した、現在中古市場に出回っているほとんど全てのドライバーを知り合いのクラフトマンが数値分析し、その中で特につかまりが良いと判断されたドライバーを実際に試打して、個人的なフィーリングも加味して決めています。この為、数値だけではなく 私たちの感覚値も入ったランキングであることをご了承ください。

ちなみに「ベスト15」としていますがここでご紹介している全てのドライバーが非常につかまりがよくスライスしにくいクラブです。スライス対策としてはどれを選んでも十分な効果が期待できます!



スライスしにくい中古ドライバーランキング

 

【第1位】ヤマハ RMX216 (2015年モデル)

 

RMX216(2015年モデル)データ

FT値 1.27
重心距離 31.3mm
重心深度 39.7mm
重心角度 28.1°
重心高 29.2mm
有効打点距離 25.3mm
フェース角 0°
ヘッド容積 460cc
2015年発売

 

【写真アリ】RMX216(2015年モデル)はコチラ

 


 藤田寛之プロや大山志保プロが使っていることでも有名なヤマハのクラブは競技会などでも使っている人が多く、玄人好みのクラブに見えるのでカッコイイですね。キャディバックに刺さっているだけで「お、こいつ分かってるな」と一目置かれるかもしれません。

RMX216は第3位のインプレスRMX02(2013年)の2世代後継のモデルです。この代からアベレージモデルにも付いていた「インプレス」の冠が外れて、よりアスリート感が出ました。

FT値が驚異の1.27で、重心距離も31.3mmとダントツに短く、それに準じて重心角度も28.1°という大きな数字が出ています。中古市場に出回っているドライバーの中でも、もうダントツにつかまるクラブだと言っていいでしょう。
 
実際に打ってみても、しっかり体感できるくらいつかまります。むしろ普通に打っている限り、スライスを打ちたくても打てないレベルです。なのでフッカーは絶対に使ってはいけません。
 
しかも重心深度が39.7mmとかなり深くヘッド左右慣性モーメントが高い為、芯を外してもヘッドがブレずに真っ直ぐ飛んでくれます。重心高さは29.2mmですがスピン性能に変わる有効打点距離は25.3mmと非常に高く、低重心率は53.5%なので低スピン高弾道で飛ばせる打球が打てるでしょう。初心者にありがちなコスリ系の吹け上がりスライスを打ってしまう人にはこれだけでも飛距離アップが期待できます
 
スライス低減機能が付いているのにヤマハのRMXなので、持っていてナメられません。長年スライスに悩まされているアベレージゴルファーや初心者スライサーには本当にオススメできる一品です。ただ、打球音がシリーズの中でも特に甲高いカキーンという金属音なので、玄人は好きではないかもしれません。まあ音は好みですね。
 
最新モデルのRMX218が2017年10月に出たばかりで、中古ドライバーの中では新しいクラブです。その為、ゴルフパートナーでの価格帯も3万円〜4万円後半と高めですが、それにあまりあるくらいの価値がこのクラブにはあります。
 
 
シャフトは好みで選んで良いのですが、さらにつかまりを重視してとにかくスライスを打ちたくないのであればFUBUKI Aiシリーズがオススメです。しかしスライサーを卒業した後も長く使いたいということであれば、KUROKAGE XMシリーズやTourAD GPシリーズはつかまりすぎず良いシャフトです。個人的にはGPがものすごく良いシャフトだと思っています。
 
迷ってどうしても決められない場合はSpeeder 661 EVOLUTION Ⅱ を選べば癖がなく間違いはないでしょう。

→ ゴルフパートナーで RMX216(2015年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第2位】ミズノ JPX EⅢ SV

 

JPX EⅢ SV データ

FT値 1.19
重心距離 33.7mm
重心深度 40.2mm
重心角度 26.0°
重心高 28.6mm
有効打点距離 22.1mm
フェース角 1.4°
ヘッド容積 435cc
2016年発売

 

【写真アリ】JPX EⅢ SV はコチラ

 


ミズノといえばMPシリーズのような上級者向けのイメージが強いですが、JPXシリーズはアベレージゴルファー向けの比較的優しいモデルです。中でもこのJPX EⅢ SVシリーズは岡本綾子プロが監修し、優しくつかまえながらドローで飛ばすことをコンセプトにして開発されたそうです。
 
ソールに付いている弾道調整機能を使って重心深度をより深くすることができ、前作のJPX EⅢよりもさらにつかまりが良くなりました。
 
最大調整後の重心深度は40.2mmになり、もともと短い重心距離(33.7mm)と相まって、つかまり性能が非常に強いドライバーです。そのFT値は驚異の1.19。
 
フェードを打つイメージでややアウトから振っても、しっかりターンしたフェースがボールをつかまえて、ドローが出る感じです。スライス対策としては抜群の効果を発揮するでしょう。逆に、左が怖いフッカーは絶対に手にしてはいけないクラブです。
 
 
優しいドライバーなのに、玄人好みのミズノブランド+やや小ぶりな440ccヘッドで、パッと見簡単なクラブに見えません!デザインもカッコいいし、これなら持っていてもナメられません
 
 
シャフトは純正のOrochi Lightが秀逸です。フレックスSでもけっこう柔らかいのですが、しなり戻るタイミングがゆっくりでタイミングが取りやすく、とても扱いやすいシャフトです。
 
そもそもシャフトの柔らかさはつかまりの良さに繋がるので、本当にスライスに悩んでいる人はこの純正シャフトをそのまま使うのがオススメです。一般男性ならフレックスS、パワーに自信のない方ならSR〜Rを選びましょう。
 
ただ、パワーのある男性だとボールが吹け上がってしまう恐れもあるので、カスタムシャフトを選択する方が良いかもしれません。

 

→ ゴルフパートナーで JPX EⅢ SV の価格帯を調べる

 

 

 

【第3位】ヤマハ インプレスRMX02 (2013年モデル)

 

インプレスRMX02(2013年モデル)データ

FT値 1.18
重心距離 31.4mm
重心深度 37.1mm
重心角度 26.8°
重心高 29.0mm
有効打点距離 22.2mm
フェース角 -0.3°
ヘッド容積 450cc
2013年発売

 

【写真アリ】RMX02(2013年モデル)はコチラ

 

 
インプレスRMX02の2013年モデルはFT値1.18で、重心距離も31.4mmと非常に短く、重心角度も26.8°ある為、ものすごくつかまるクラブだと言えます。実際に打ってみると数字にウソが無いのがわかるくらい、容易にボールがつかまってくれます。スライサーでもドローが打てる可能性が高いドライバーです 

しかも重心深度が37.1mmとかなり深くヘッド左右慣性モーメントが高い為、芯を外してもヘッドがブレずに真っ直ぐ飛んでくれやすいです。またスイング中の挙動も非常に安定しているので、初心者を脱してつかまるスイングを身につけた中級者フッカーになってもチーピンが出ることは少ないでしょう。つかまるけど、極端にヘッドが暴れないんですね。初心者スライサーから中級者フッカーまで幅広く使える名器だと言えます。
 

シャフトは好みで選んで良いのですが、迷った場合は純正装備のMotore Speeder TMX-514D か Tour ADのMTシリーズを選べば間違いありません。この2つのシャフトはいずれも粘り系フラットシャフトタイミングが取りやすく、つかまりやすい特性を持っています。

このドライバーは本当に人気で、ゴルフパートナーで見ても発売後5年以上経つというのに、程度の悪い物でも10,000円をなかなか割りません。しかも、中古市場でも品薄であまり出回らないことからも、その人気の高さがうかがえます。

→ ゴルフパートナーで RMX02(2013年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第4位】プロギア iD nabla RS02

 

iD nabla RS02 データ

FT値 1.17
重心距離 35.3mm
重心深度 41.4mm
重心角度 27.2°
重心高 31.1mm
有効打点距離 23.3mm
フェース角 -2.7°
ヘッド容積 450cc
2013年発売

 

【写真アリ】iD nabla RS02 はコチラ

 

プロギアの主力ブランドであるnablaシリーズであり、兄弟モデルのiD nabla RS01が持つ低スピン性能を継承しつつ、重心深度を深くすることでつかまりの良さも実現したモデルです。
 
 
重心距離は並ですが、重心深度が41.4mmと非常に深く、重心角度も27.2°とかなり大きいので、とにかくつかまります。FT値は1.17。
 
しかも、こんなアベレージゴルファー向きの重心設計にも関わらず、フェース厚が59mmとディープフェースです。この為、スピン量に影響する有効打点距離が23.3mmと大きく、重心より上でボールをとらえることができ、低スピン高弾道を実現します。まさに良いとこ取りですね

しっかりつかまえながら低スピンで飛ばせるので、無駄なバックスピンで飛距離をロスしているパワー系スライサーに最適
 
純正シャフトはヘッド性能に比べてかなり柔らかめ。その為、優しくつかまえて、優しく飛ばせるはずです。スライスを軽減しつつ、飛ばしたい人には最適のシャフト。

 

→ ゴルフパートナーで iD nabla RS02 の価格帯を調べる

 

 

 

【第5位】プロギア egg1

 

egg1(エッグ1) データ

FT値 1.16
重心距離 38.3mm
重心深度 44.6mm
重心角度 34.6°
重心高 29.5mm
有効打点距離 18.7mm
フェース角 -1.8°
ヘッド容積 460cc
2014年発売

 

【写真アリ】egg1 はコチラ

 

38.3mmという長い重心距離と、46.75インチという長尺シャフトの効果でものすごく飛ぶポテンシャルを秘めたドライバーです。

 
これだけ重心距離が長いと普通はつかまらないのですが、44.6mmというものすごく深い重心深度によって、34.6°という驚異的な重心角度を実現し、ものすごく飛ぶのにつかまるドライバーに仕上がっています。
 
重心角度的にはベスト3に入るくらいのつかまり度合いなのですが、このドライバーの特徴としてリアルロフトが非常にストロング※でその分つかまりも軽減されているので第5位としています

※表示ロフト7.5°に対して、リアルロフトが7.4°でした。表示ロフトよりリアルロフトが小さいことは非常に珍しいのですが・・・数字に嘘の無いストロングロフトで間違いありません。
 
しかし、これだけ飛びを追求しているクラブでここまでのつかまりを実現しているドライバーは他にあまりありません!スライスを軽減しながら、飛距離も伸ばしたい人には本当にオススメの一品です。

あとは中古価格が安い(7,000円くらいから買えます!)のでスライス対策用クラブとして割り切って持っておくのに良いかと思います。

 

→ ゴルフパートナーで egg1 の価格帯を調べる

 

 

 

【第6位】ブリヂストン ファイズⅢ(2014年モデル)

 

ファイズⅢ(2014年モデル)データ

FT値 1.16
重心距離 32.4mm
重心深度 37.7mm
重心高 30.1mm
重心角度 27.5°
重心高 30.1mm
有効打点距離 19.9mm
フェース角 1.0° (弾道調整機能により-0.25°〜+3.0°)
ヘッド容積 460cc
2014年発売

 

【写真アリ】ファイズⅢ(2014年モデル)はコチラ

 

 
 もともとは50歳以上のシニアをターゲットにして優しく飛ばせるというコンセプトで開発されたブリヂストンの高級ブランド・ファイズの三代目。ファイズⅢとも呼ばれます。ファイズはヘッドが軽量でとても振りやすいドライバーです。

重心距離が32.4mmと短く、重心角度も27.2°という数値が表している通り、スライサーでもドローが出るほど非常につかまりが良いクラブです。

シリーズで初めてシャフト着脱による弾道調整機能が付きました。しかも、装着部分にスペーサーを噛ませることでシャフトの長さを伸ばせる(45.5インチ→46インチ)という珍しい機能も付いています。
 
 
+1.0°のフックフェースですが、弾道調整機能を使って+3.0°〜-0.25°の間で調整ができます。ただ調整後の数値が表している通り、極端なフックフェースになる一方で、オープンフェースにはならないことからもスライサー向けの一品と言えます。
 
純正シャフトのPZ-504WはSシャフトでも手元から先端まで全体的にかなり柔らかめなので、ヘッドスピード40m/s前後の人でもSシャフトがオススメです。インパクトで先が走るシャフトなので、よりボールがつかまります

もともと重心深度がやや深めなのでボールが上がりやすいのですが、柔かいこの純正シャフトを使えばヘッドスピードがない人でも飛ばせるクラブとなります。
 
2014年発売にも関わらず、ゴルフパートナーで安いものは11,000円くらいから出ています。特にヘッドスピードにあまり自信がない方はヤマハのインプレスよりもこちらをオススメします

こちらも中古価格が安い(10,000円くらいから買えます!)のでスライス対策用クラブとして割り切って持っておくのにオススメです。

→ ゴルフパートナーで ファイズⅢ(2014年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第7位】ヤマハ インプレスX Z202 

 

インプレスX Z202 データ

FT値 1.14
重心距離 35.6mm
重心深度 40.5mm
重心角度 30.5°
重心高 30.4mm
有効打点距離 16.5mm
フェース角 0°
ヘッド容積 460cc
2011年発売 

 

【写真アリ】インプレスX Z202 はコチラ

 

 
ヤマハのクラブが多いのですが、決してヤマハの回し者ではありません(汗)ただ、ヤマハのドライバーはつかまる設計が多いということになります。インプレスX Z202は藤田寛之プロが使っているインプレスXのやさしいモデルです。

 
フェース角こそ0°のスクエアですが、FT値が1.14で、重心角度は驚異の30.5°もあるので、かなりつかまるクラブですスライス克服の為にあるようなドライバーなのでスライサーでもドローが打てるでしょう。

スピン性能は普通ですがリアルロフトが多めなので、ヘッドスピードの遅い人もキャリーで飛ばせます。ただコスリ系吹け上がりスライサーにはあまり向きません。
 
ゴルフパートナーで見てみると発売後7年近く経っていることもあり、なんと8,000円くらいから手に入ります!こんなにつかまる良いクラブがこの値段で手に入るのは本当にお買い得だと思います。初心者スライサーの方はスライスを卒業するまでの間の相棒として初めはこのような安くて良いクラブで腕を磨くのが良いと思います。シャフトに迷った場合は純正のTMX-412Dを選べば大きく外すことはありません。

このドライバーも大変な人気商品で、中古市場になかなか出回りません(この記事を書いている2018年7月現在、ゴルフパートナー全店舗でもたったの29本でした)。それくらい良いドライバーであり、持っている人がなかなか手放さないのだと思われます。

 

→ ゴルフパートナーで インプレスX Z202 の価格帯を調べる

 

 

 

【第8位】ブリヂストン TOURSTAGE X-DRIVE 709 D450 

 

TOURSTAGE X-DRIVE 709 D450 データ

FT値 1.14
重心距離 32.8mm 
重心深度 37.0mm 
重心角度 29.8° 
重心高 30.6mm
有効打点距離 20.8mm
フェース角 0.5° (弾道調整機能により-0.75°〜+1.75°)
ヘッド容積 450cc
2013年発売

 

【写真アリ】TOURSTAGE X-DRIVE 709 D450 はコチラ

 


 アスリート向けモデルであるX-DRIVEの中で、アベレージゴルファー向けにアレンジされた709シリーズのD450。数値だけを見ると第6位で紹介したファイズⅢとほとんど変わりません。

アスリート向けの顔をしているくせに 打ったら易しいという、カッコつけたい人向けのドライバーです!(笑)そういうの大事ですね。
 
アスリートモデルにしては重心角度が大きく、FT値も高いのでよくつかまります。

特筆すべきは低スピン性能。かなり振ってもスピン量が抑えられるので若くてパワーのある初心者がなりがちなコスリ系吹け上がりスライサーには最もオススメのクラブです。低スピンによってスライスが軽減されると同時に、吹け上がりにくくなるので飛距離アップも狙えます。逆に力の無い方が使うとスピン量が足りなさすぎてドロップしてしまう可能性大なので注意が必要です。
 
シャフトはブリヂストンのVARIABLE ADJUST SYSTEMでフェース角を-0.75°のオープンフェースから+1.75°のフックフェースまで8段階に変えることができます。こちらもややフックフェース寄りなので、やはりつかまり重視と言えます。
 
このドライバーは当時たくさん売れたこともあり、中古市場でもたくさん出回ってます。その為、中古価格が非常に安くDiamana B や TourAD GTシリーズなどの特注シャフトが付いているものでも5,000〜6,000円台から見つかります。

この為、若くてパワーのある初心者でスライスに悩んでいる人には本当にオススメのドライバーです。
 

→ ゴルフパートナーで TOURSTAGE X-DRIVE 709 D450 の価格帯を調べる

 

 

 

【第9位】ブリヂストン ファイズ(2016年モデル)  

 

ファイズ(2016年モデル) データ

FT値 1.14
重心距離 36.8mm
重心深度 42.1mm
重心角度 28.8°
重心高 32.1mm
有効打点距離 20.1mm
フェース角 0.4°
ヘッド容積 450cc
2016年発売

 

【写真アリ】インプレスX Z202 はコチラ

 

ファイズの4代目モデルです。前作にはシャフト着脱式の長さ調整機能と弾道調整機能が付いていましたが、今回は固定シャフトになってスッキリ!弾道調整機能も付いていません
 
重心距離は標準的ですが、重心深度が42.1mmと非常に深く、FT値1.14が表す通り、ものすごくつかまるクラブです。
 
また重心深度が非常に深いので、ヘッドスピードの落ちたシニアプレーヤーでもオートマチックにボールを上げてくれる作用があります。
 
 
純正シャフトはかなり柔らかめですが、しなり戻りは鋭く、飛距離も出しやすいと思います。そもそもスライスを打ちたくないなら柔らかい方がつかまるのは前述の通りですので、ヘッドスピード43m/s前後のアベレージゴルファーならフレックスS、ヘッドスピード40m/s前後のシニアプレーヤーならフレックスRでマッチするはずです。
 
 
総括としては、ヘッドスピードの速くない人でも無理せず優しく飛ばせる秀逸なクラブだと思います。特に体力の低下と共にヘッドスピードが落ちてきたシニアプレーヤーに最もオススメできるドライバーです

このドライバーも非常に人気が高く、中古に出ても程度の良いものはすぐに売れてしまいます(このブログを書いている2018年7月時点でゴルフパートナー全店でも経ったの31本しか出ていません)。

 

→ ゴルフパートナーで インプレスX Z202 の価格帯を調べる

 

 

 

【第10位】キャロウェイ LEGACY(2012年モデル)

 

レガシー(2012年モデル) データ

FT値 1.14
重心距離 36.4mm
重心深度 41.4mm
重心角度 27.8°
重心高 30.2mm
有効打点距離 23.0mm
フェース角 -1.0°
ヘッド容積 460cc
2013年発売 

 

【写真アリ】LEGACY(2012年モデル)はコチラ

 

キャロウェイの人気ブランド・レガシーの5代目ドライバーです。アベレージゴルファーというよりも、若い人からシニアまで全てのゴルファーに向けて作られたクラブで、人を選ばず誰でも優しく飛ばせる良品です。
 
とても良くつかまるクラブであり、多少アウトサイドインの軌道で振ってしまっても大きなスライスにはなりづらいと思います。
 
重心設計が上のファイズ2016とほぼ同じなので、つかまりの良さはもちろん、ボールの上がりやすさも両立しており、シニアでも扱いやすいでしょう。
 
さらに、有効打点距離がやや大きめなのでバックスピン量を抑えやすく、パワーのあるアベレージゴルファーが使っても極端に吹け上がることはないでしょう。まさに幅広い層にメリットのあるクラブです。
 
純正シャフトは45.5インチの標準タイプと46.25インチの長尺タイプの2つがラインナップされています。正確なショットを優先したい人は標準タイプ、つかまえながら飛距離も伸ばしたい人は長尺タイプを選びましょう。
 
この純正シャフトは中間から先がしなり、ゆっくりしなり戻るので、タイミングが取りやすく振りやすいです。
 
重心シャフトとしては並の硬さなので、パワーのある人だとSでも柔らかく感じるはずです。ヘッドスピード43m/s以下のアベレージゴルファーならS、以下でパワーに自信のない人ならSRかRを選びましょう。
 
特性はファイズ2016にとても良く似ていて、誰でも優しくつかまえて飛ばせる良質なドライバーだといえます。「ファイズを使いたいけど、恥ずかしい」と思っている見栄っ張り屋さんに最もオススメのクラブです

このドライバーも第8位のTOURSTAGE X-DRIVE 709 D450と同様に発売当時たくさん売れた商品の為、中古市場にたくさん出回ってます。その為、中古価格が非常に安く5,000〜8,000円台でもたくさん見つかります。

 

→ ゴルフパートナーで LEGACY(2012年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第11位】キャロウェイ LEGACY APEX

 

LEGACY APEX データ

FT値 1.13
重心距離 34.5mm
重心深度 39.0mm
重心角度 23.7°
重心高 30.2mm
有効打点距離 22.1mm
フェース角 -1.5°
ヘッド容積 460cc
2011年発売

 

【写真アリ】LEGACY APEX はコチラ

 

 
人気のLEGACYシリーズの3代目。フェースがややオープンですが、FT値1.13の数値が表す通り軽く打ってつかまってくれます。

 
リアルロフトが表示ロフトよりもかなり大きく、さらに重心が低めなのにあまり低スピンにならないので、結果的にボールが上がりやすいでしょう。コスリ系吹け上がりスライサーには向きませんが、パワーに自信のない人は簡単にボールが上がってくれるので扱いやすいクラブです。
 
純正シャフトのSPEED METALIXには地味に2種類の長さ(45.25インチと46.25インチ)が用意されています。パワーに自信のない人は長尺を使うことで飛距離アップを狙えますが、安定性重視なら45.25インチの方にしましょう。
 
このドライバーは人気があって中古市場にあまり多く出ませんが、発売から時間が経っていることもあり価格が非常に安いです。ゴルフパートナーで見てみると、純正シャフトだと5,000円代から出ているので非常にお買い得です。スライサーから脱出する為だけの通過点として割り切って使うのにはオススメです。ちなみに Diamana’ahina や TourAD-DJシリーズが付いているものでも7,000円代からあります。
 

→ ゴルフパートナーで LEGACY APEX の価格帯を調べる

 

 

 

【第12位】コブラ FLY-Z

 

コブラ FLY-Zデータ

FT値 1.12
重心距離 39.2mm
重心深度 43.9mm
重心角度 29.8°
重心高 31.0mm
有効打点距離 25.7mm
フェース角 2.0°
ヘッド容積 460cc
2015年発売

 

【写真アリ】 FLY-Z はコチラ

 

コブラは日本ではマイナーですが、アメリカではタイトリスト、キャロウェイ、テーラーメイド、ピンに次いでメジャーで、歴史と実績のあるメーカーです。リッキー・ファウラー選手が使用していることでも有名ですね。
 
このドライバーの特徴は39.2mmという長い重心距離で飛距離を追求しながら、同時につかまりの良さも実現している点です。重心距離が長いクラブというのは基本的にフェースの返りが遅くスライスしやすいのですが、その弱点を重心深度の深さで補っているのです。
 
平面の重心設計的にはプロギア egg1ととても似ていますが、大きく違うのが重心高さです。
 
egg1は重心深度をなるべく深くする為に極端なシャローフェースになっていますが、FLY-Zはこんなに深重心なのにディープフェースなのです(普通、ディープフェースにすると浅重心になります)。
 
この為、有効打点距離がが25.7mmもあり、低スピン高弾道の球が出やすいのです。従ってパワーヒッターが使えば、さらに飛距離を伸ばすことも可能です。

コブラは日本での販売数が少ないので、中古市場でもほとんど出回りません。探すならネットで探さないと良いものは手に入らないと思います。ちなみに中古市場価格は安めで20,000円しないでも購入可能です。

 

→ ゴルフパートナーで FLY-Z の価格帯を調べる

 

 

 

【第13位】
ブリヂストン TOURSTAGE ファイズ(2011年モデル)

 

TOURSTAGE ファイズ(2011年モデル)

FT値 1.11
重心距離 36.3mm
重心深度 40.4m
重心角度 27.6°
重心高 29.7mm
有効打点距離 20.2mm
フェース角 0.0°
ヘッド容積 455cc
ヘッド重量 187.1g
2011年発売

 

【写真アリ】TOURSTAGE ファイズ(2011年モデル)はコチラ

 

初代ファイズです。初代にはプロやアスリート向けのTOURSTAGEの冠も付いていたのですが、ターゲットはあくまでアベレージ〜シニアゴルファーです。
 
重心距離は平均的ですが、重心深度が深く設計されています。この為、シニアプレーヤーやパワーに自信のない人でもボールが自然と上がり、飛距離UPに貢献してくれます。また、それに伴い重心角度も大きめになっている為、かなりつかまるドライバーに仕上がっています。FT値は1.11
 
ヘッド重量は187.1gと超軽量。つまりパワーのないシニアでもヘッドスピードを高められる効果が期待出来ます。さらにフェース高が49.9mmとかなりのシャローフェースなので、スピン量も多くなりやすくキャリーを稼げるでしょう。つかまりが良いだけでなく、飛距離アップにとても良い設計がなされています。
 
純正シャフトのPZ501WはフレックスSでもかなり柔らかめなので、スライスを撲滅したいシニアはこの純正シャフトをそのまま使って良いと思います。
 
全体的にとてもバランスの良いクラブで、スライスに悩んでいるシニアには強くオススメできるドライバーです。

発売から7年以上経過しているので中古市場で4,000〜7,000円台で手に入ります。こんなに安く手に入るのですから、スライスを克服したい人は練習用に絶対に持っておいた方が良いと思います

 

→ ゴルフパートナーで TOURSTAGE ファイズ(2011年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第14位】キャロウェイ ビッグバーサBETA(2016年モデル)

 

ビッグバーサ BETA (2016年モデル)データ

FT値 1.10
重心距離 39.2mm
重心深度 43.3mm
重心角度 30.6°
重心高 30.3mm
有効打点距離 21.3mm
フェース角 -0.3°
ヘッド容積 460cc
ヘッド重量 187.3g
2016年発売

 

【写真アリ】ビッグバーサBETA(2016年モデル)はコチラ

 

伝説のゴルファー、トム・ワトソンがアンバサダーを務めるクラブとして話題になったキャロウェイのビッグバーサBETA(2016年モデル)です。
 
特徴としてはたったの187.3gしかない超軽量ヘッドです。これだけ軽いとシニアはもちろん、少しパワーに自信のある女性でも十分に振りきれるでしょう。ヘッドが軽ければ当然スイングスピードも上がるので、飛距離アップを期待できます。

さらに重心設計的に第5位のプロギア egg1や第11位のコブラ FLY−Zと非常によく似ており、重心距離・重心深度・重心角度の全てが大きく、ボールをしっかりつかまえながら飛距離も追求しています。これは最近の流行りですね
 
ただ、シャローフェースで有効打点距離も21.3mmと標準的なこと考えると、打球はFLY−Zよりもegg1に近い高スピン低弾道になりやすいでしょう。この点もやはりパワーヒッターよりもアベレージヒッター 〜 シニア向けだと言えます。
 
シニア向けのこのドライバーは純正シャフトの GP for BIG BERTHA もシニアに最適です。シャフト重量が全体に軽く仕上がっていて、軽いヘッドと非常に良くマッチします。総重量の軽いドライバーは軽く振ってもしっかり振り切れるのでパワーがなくても強い球を打つことができます。
 
昔の飛距離を取り戻したいシニアプレーヤーにオススメの一品です。

人気があり、発売当時に大量に売れた為、中古市場で程度の良い商品がゴロゴロしています。しかもまだ新しいのに20,000円以下で手にはいるものもたくさんありお得感のあるクラブです。

 

→ ゴルフパートナーで ビッグバーサBETA(2016年モデル)の価格帯を調べる

 

 

 

【第15位】キャロウェイ ビッグバーサBETA(2014年モデル)

 

ビッグバーサBETA(2014年モデル)データ

FT値 1.10
重心距離 37.8mm
重心深度 41.4mm
重心角度 30.0°
重心高 34.0mm
有効打点距離 20.2mm
フェース角 0.0°
ヘッド容積 460cc
2015年発売

 

【写真アリ】ビッグバーサBETA(2014年モデル)はコチラ

 

キャロウェイの人気シリーズ、ビッグバーサのシニア向けブランド、ビッグバーサ BETAの初代ドライバーです。
 
重心距離は標準ですが、深い重心深度によって非常につかまりやすく、かつボールが上がりやすいクラブです。
 
 
第14位の2016年モデルと同じく、たったの188.8gしかない超軽量ヘッドです。純正シャフトのエアスピーダーも軽く、クラブ総重量はたったの267gになります。これは女性向けドライバーとほぼ同等の重さです。
 
ヘッドが軽いとヘッドスピードが上がりやすくなるので、力の落ちたシニアプレーヤーでも飛距離UPが期待できます。反面、パワーのある人が使うとスイングリズムが早くなって球が暴れやすくなります。
 
2016年モデルと大きく違う点は重心高さです。低重心率は62.7%もあり、とても高重心です。つまり重心よりも下でボールをヒットする確率が高く、高スピン低弾道の打球が出やすくなります。バックスピン量の多い球はボールが高く上がるのでキャリーで飛距離が伸びやすくなります。
 
まさにヘッドスピードが落ちてきたシニアプレーヤー向きの設計となっています。
 
 
ビッグバーサBETAを狙っている人は2016年モデルと2014年モデルで迷うかもしれません。どちらもとてもつかまりの良いクラブでスライスしにくい良品です。
 
もし迷った場合は、とにかくスライス撲滅!という人は2016年モデルを、飛距離UPも狙いたい!という人は2014年モデルをオススメします。


こちらも人気があり、発売当時に大量に売れた為、中古市場で程度の良い商品がゴロゴロしています。しかも2016年モデルが中古にたくさん流れた関係で、2014年モデルの価格は下がり、15,000円以下
で手にはいるものもたくさんあります。

 

→ ゴルフパートナーで ビッグバーサBETA(2014年モデル)の価格帯を調べる

 




以上、スライスしにくい中古ドライバーランキング(当ブログのオススメ)でした!



 

関連記事

www.zunoutekigolf.com