頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

クラブヘッドの「フェースプログレッション値(FP値)」がショットに与える影響

f:id:haraberashi:20170309210045p:plain


フェースプログレッション値(以下、FP値)とはフェース角を0°に設定した状態での、シャフトの中心線からリーディングエッジまでの水平距離のことで、簡単に言えばリーディングエッジ(歯)の出具合ということになります。㎜単位で表され、小さいものはマイナスになるものもあります。
 
FP値が小さいクラブはグースネックと呼ばれ、大きいクラブはストレートネックと呼ばれます(極端に大きなクラブは出っ歯クラブと言われることもあります)。

ちなみにドライバーのFP値の平均は18.2mmです。
 


フェースプログレッション値(FP値)がショットに与える影響

 

FP値が小さいクラブの特徴


FP値が小さいクラブ(グースネック)ヘッド全体が飛球線後方側に寄っている為、重心角度が大きくなります。重心角度の記事でもお話ししましたが、重心角度が大きいとヘッドが返りやすくなりボールがつかまりやすくなります。その為、初中級者向けのアイアンはグースネックを採用しているクラブが多いのです。

またドライバーに関して言えば、FP値が小さいほどダウンブローを誘発しやすいと言われています。
 

FP値が大きいクラブの特徴


FP値が大きいクラブ(ストレートネック)ヘッド全体が飛球線前方側に寄っている為、重心角度が小さくなります。するとヘッドが返りにくくなりボールはつかまりにくくなります。その為、左のミスを嫌う傾向のある上級者向けのアイアンはストレートネックを採用しているクラブが多いのです。
 
また、ストレートネックのクラブはフェースが勝手に返ったり閉じたりしないので、自分の意思でフェースを開閉させやすく、そういう操作性を求める上級者に好まれます。

ドライバーに関して言えば、FP値が大きいほどレベルブローを誘発しやすいと言われています。
 
 
 
以上、クラブヘッドの「フェースプログレッション」がショットに与える影響 でした!
 


関連記事

www.zunoutekigolf.com