頭脳的ゴルフ道

格安でラウンドしたりゴルフクラブを入手する方法・上達する練習方法・コース戦略・クラブの選び方など。頭を使えばゴルフはもっとお得に、もっと楽しめます!

正しい『トップ』の作り方。ポイントは「上げる」のではなく「押し下げる」

 

 


調子が悪くなってくるとトップの位置に悩み始めたりします。

「どこに上げたらいいの?」と悩む人も多いようですがクラブをどこかに上げようとしているのだとすれば、それはそもそも間違っているかもしれません。

トップはダウンスイングの出発点です。正しいトップが作れれば、正しい軌道で振り切りやすくなります。今回は正しいトップの作り方について、わさお先生の考え方をご紹介します。 



正しいトップの作り方


まず大前提として、クラブを腕で持ち上げるという発想は捨てましょう。クラブを持ち上げようとすると、どこに上げれば良いか分からなくなってトップの位置が定まらなくなるからです。

ではどうすればいいのかというと、腕を「上げる」のではなく「押し下げる」のです具体的には以下のような手順で行っていきます。


 

1. 胸の正面にクラブをキープする


まず体の正面でグリップします。そして、ここからフィニッシュまでクラブヘッドが常に胸の正面にあるように意識付けをしてください(実際にはハーフウェイダウンあたりから徐々に右肘が畳まれていくので胸の正面を外れますが、意識だけは正面をキープしているイメージを持ちます)


これを身につけるドリルを1つご紹介しましょう。用意するのは100円ショップで売っている直径20cmくらいのゴム製の柔らかいボールだけです。

そのゴムボールを両腕の前腕部分(肘と手首の間)に挟んで素振りをするだけです。この素振りを繰り返すと、両腕が常に胸の正面にある意識が身につきます。すると結果的にクラブが胸の正面をキープするようになります。

あまり空気がパンパンに入っているとやりにくいので適度に空気を抜いて腕で挟めるように調整しましょう。この素振りを何度か繰り返してイメージがついたら、ゴムボールを外して実際にボールを打ってみましょう。

 

2. 腕を極力脱力する


腕を脱力することで、力を入れなくても両脇が適度に締まります。そうすると腕と体の一体感が得られ、スイングが安定します。

また力の抜けた腕は遠心力によって自然な円軌道を描くので、ミート率が上がりやすくなります。


 

3. 第七頸椎の位置をキープしながら、左腕をゆっくり押し下げる


第七頸椎とは背骨の一番上、首の付け根の真後ろにある出っ張った骨です。アドレスの時点でこの第七頸椎の位置をイメージしたら、その位置をズラさないように意識しながら、左腕をゆっくりと下に押し下げていきます。

そうすると、第七頸椎を支点としながら自然に肩が回転していきます。この時、頭は正面を向いたままキープすれば必要以上に体が回転することはなくなるので、オーバースイングの矯正にも適しています。これでトップの完成です。

 


回転する方向は?


Bishop's Charity Golf Classic


上半身を回転するというと「どの方向に回せばいいの?」と疑問に思うかもしれません。

回転する方向については前傾を意識しすぎると縦振りになってダフリが出たりスライスが出たりしますし、横回転しようとすると横振りになってトップが出たりフックが出たりしますので、やはり背骨を「軸」とする軸回転が正しい動きです。

しかし厄介なことに背骨を軸としてイメージしながら上半身を回転させるとリバースピボット※になりやすいのです。

それを解決するのが、先ほど説明した右ひざの角度を変えないで、顔を正面に向けたまま第七頸椎の位置を動かさないようバックスイングするという動きです。これをすることによって、上半身は正しい方向に回転することができます。正しく回転すると自然に右足に体重が乗り、頭の位置はほんの少しだけアドレス時よりも右に動きます。 


 

それでも縦振りになってしまう場合は?


この打ち方をしてもダフリやスライスを連発する場合は、縦振りになって必要以上に打ち込んでしまっていることが原因かもしれません。

縦振りになるとクラブヘッドはインパクトでアップライトになるのでボールのつかまりが悪くなりますし、前傾角度が維持しにくくなることでインパクト時のヘッドの位置や入射角にバラツキが生じたりと、あまり良いことはありません。

そんな時は上半身を気持ち横に回転させてみましょう。イメージとしては両手で持ったダンボールを右手にいる人に手渡す感じに上半身を回転させます。こうすることでやや横回転になり前傾角度が維持しやすくなります。

  

 回転する速さが大切


トップまでのバックスイングが早いとスイング全体が早くなりがちです。それでも正確なインパクトができるのであれば問題はないのですが、しっかりと体の前でボールを打てていない人はなるべくゆったりとしたスイングを心掛けたほうが良いと思います。トップまでのバックスイングにゆとりがあれば、スイング全体もゆっくり大きくなるのです。


具体的にはクラブが胸の正面を外れないように意識したまま、ゆっくりと上半身を回転させましょう。イメージとしては弓を弾くように、ギューッと徐々に力を溜めていく感じです。


 
以上、 正しい『トップ』の作り方。ポイントは「上げる」のではなく「押し下げる」。でした!




 

関連記事

 

www.zunoutekigolf.com